食事療法が最も大切

弁当

適切な体重コントロール

近年は飽食の時代と呼ばれている様にカロリー過多で、脂質や糖質を多く摂取してしまいます。この状態が長く続くと血液中の血糖値が常に高い状態が続き、糖尿病と診断されます。糖尿病自体は体に悪影響が見えることはありませんが、視力などに合併症を発症させてしまいます。糖尿病をコントロールするには食事が最も大切です。誰もが摂取カロリーを控えればいいと考えがちですが、摂取カロリーを控えるために1日1食だけにしたのでは糖尿病については逆効果になってしまいます。血糖値が大きく上下することは糖尿病のコントロールには大きな妨げとなります。1日1食では食事直前まで血糖値が下がりきって、食事と同時に一気に血糖値が上昇してしまいます。これを防ぐためにも1日3食を規則正しい時間に食べるようにしてください。糖尿病食に関しては、大前提として自分にとって適正なカロリー摂取量を知り、栄養バランスを整えることが大切です。摂取カロリーが多すぎると体脂肪が増えて、インスリンの働きが悪くなってしまいます。適度な運動も組み合わせて、適正な体重を維持するようにしてください。食事療法には栄養学に関する知識や計算、それに何を食べたかといった記録が必要になり、大きな手間になってしまいます。そこで宅配サービスを使った糖尿病食を利用してみることをおすすめします。宅配サービスの糖尿病食であれば、どうしても味気なくなってしまいがちなカロリー控えめな食事も見た目も味もおいしく作ってもらえます。糖尿病食を取り扱っている宅配サービスはいくつもありますので、価格やサービス内容、それに医師の勧めに従って、好みの宅配サービスをみつけてください。

Copyright© 2017 腎臓病食専門の宅配業者を利用しよう|食事管理がラクになる All Rights Reserved.